限度額 | クレジットカードのシッピング枠や現金化について

限度額

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠と呼ばれる枠が存在している。

それぞれの枠についての利用用途は買い物等の料金の支払いのショッピング枠と、ATMから現金を借り入れるキャッシング枠である。

これらの枠にはそれぞれ限度額が設けられており、その額と言うのはカード利用者の信用によって上下する。信用はその人の、収入であったり、職業、居住形態、借金等様々な事を考慮した上で決定されるのである。

しかし、クレジットカードの利用状況や返済の状況によって、限度額の引き上げられるという事もある。これは、利用者がよりカード会社に信用された結果なのである。

カードで支払いをした場合、利用した分の金額はクレジットカード会社へと支払う必要がある。

支払いを行わなければ、利用できるショッピング枠はいつまでも増える事はないし、再びカードでの支払いというのも不可能になってしまう。

そのため、必ず支払いを行うという必要がある。しかし、逆に考えた場合、支払いを滞らせる事無ければ、何一つ問題無く利用する事が出来る為、心強い味方にもなりえるのである。

カードを作る時というのは、作ろうとしている人の信用情報が重要視される。そのため、信用情報機関で事故情報の有無を調べられることになる。

この事故情報と言うのは、支払いの返済が延期したり、債務整理等の情報の事である。こうした情報というのは信用情報機関にて事故情報としてしばらくの間、保存されるのである。

そうした事故情報があった場合にはカードを作ることが出来ないのである。カードと言うのはいわば利用者とカード会社の信用の上に成り立っているシステムであり、その信用を揺るがす事故情報と言うのは非常に大きな問題となってしまうためである。

そのため、まず事故情報の有無を確認した上で、その人が信用できるかという審査を行いカードの限度額が決まり発行される。支払いを延滞したりする事で、事故情報として残され、カードを作るということが出来なくなってしまうため、ショッピング枠の使ったぶんは必ず返済し、くれぐれもそうした自体に陥る事だけは避けるようにするべきである。